JOMON-TECホームページ

topimage

文字では知らないことを
DNAが知っている。

BUSINESS
事業内容

縄文時代の考古学的、民俗学的考察に基づいた竪穴式住居の建築を行います。
素材や形状を模した石斧の製作から始まり、建築素材の縄、木材等を当時の建材を用いて製作しています。
縄文時代の考証は多岐にわたり、過去の竪穴式住居の建築方法からも学び、樹皮葺き住居、土葺き住居、天窓式、フジ縄の使用等の新しい観点からの建築方法や技術を導入します。
造園業やアートの製作で培った技術や知識も用い竪穴式住居の多様性も考察します。

竪穴写真1

BUILDING
建築

縄文時代の竪穴式住居はその当時の生活、信仰や道具の製作などすべての拠点でもありました。その竪穴式住居をその縄文式の方法で復元しています。
現代では失われてしまった縄文時代の建築の技術を発掘された遺物を基に考証する考古学、そしてつい最近まで竪穴式住居や石器文化を営んでいたアイヌ、インディアン、パプアニューギニアなどの民族学などに学び、過去に建築されている復元住居を参考にして、その上で人間に宿る縄文のDNAで体現します。

竪穴写真2

TOLLS
道具

縄文時代に使用されていた道具を製作し建築作業で使用しています。
石斧は糸魚川産蛇紋岩や三峰川産緑色岩などを採集しに行き、柄も現地の木材で採集しています。
実際使用してみないと縄文人がどのように使用していたかわかりません。そこにはかなりの試行錯誤があったと思われます。当時あった植物の分布、結束の方法など、まだわからないことが多いのですが、わからないことがある事でそれを解決する工夫も縄文人も行っていたことでしょう。
打製石斧、棍棒、木製土堀具、箕などの製作も行い使用実験を繰り返しています。

竪穴写真3

VIDEOS

youtubeチャンネルを見る

CONTACT

03-6315-9909
(受付担当:熊造園・黒田)
住居と空
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
題名
メッセージ本文